CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
PR
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< ごらいてんのススメ | main | あの夏このヒト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
ハードボイルドドラマ(スローなアイウォンチュー)
 120211_1902~001.jpg
小引き出しとかブリキのラックとか



年に一回、男の勝負の日が来る。



これは、

これは、男の値打ちが決まる、大変わかりやすい勝負だ。

これは、

これはたった一つのチョコレートにかけた男たちの挽歌である。



オレは、ここ10何年は、サラリーマン時代の後輩ジミーと毎年チョコレートの数で勝負しているのだ。

後輩だが同じ年のジミーは共に同じような経歴を持つ。

過去に「モテた時期がある」と自らを振り返る。

どうやら、そのおめでたい日々が麻薬のように忘れられないようなのだ。


「ひょっとしたらまた知らない誰かがオレにチョコを渡そうとしているかもしれない可能性がないでもない。」

などと思ってしまうのだ。オレもやつも。


2月14日のいろんな思い出を背負ってるのさ、やつもオレも。


どなたか、あわれなボクたちにチョコください、トホホ。



| 店内風景 | 13:47 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| - | 13:47 | - | - | - | - |
コメント
チャーリーさんとのメールのやり取りは、毎年、年に一回この日だけ。


そしていつもお互いに同じ文面を送りあうのさ…


『ゼロ』
| ジミー | 2012/02/14 8:00 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://greenpepe14.jugem.jp/trackback/728
トラックバック