CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
PR
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
no title
トランク.jpg
| - | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
no title
タイル.jpg
| - | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
扉や彫刻が可愛い飾り棚
飾り棚.jpg
| - | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
春らしいパステルカラーのリボンパンプス
リボンパンプス.jpg
| - | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
春のティーカップ祭り
ティーカップ姫.jpg
| - | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
わたしのマンガ史
 PYREX.milky.jpg
パイレーツ・・・パイレックスだっちゅーの!



「すすめ!パイレーツ」は70年代〜80年代にかけて少年ジャンプで掲載された「江口寿史」先生の傑作です。

そのころ小学生だったボクは、実は少年チャンピオンを愛読しておりましたが、ジャンプは友人宅などで読んだりしていました。

チャンピオンでは「鴨川つばめ」先生の「マカロニほうれん荘」。これが昭和の傑作ではないかと思っております。


そんな小学生が1981年春に中学に入学します。

その後ジャンプでは「Drスランプ」「北斗の拳」などヒット作が次々生まれていきます。

なかでも

「ストップひばり君」などは傑作中の傑作と思っております。


現在は「バガボンド」しか読んでいまでんが


マンガはその当時の世相を反映していたり、ひょっとすると時代をリードしていたりするものだと思いますが、これは個人の感ずるところでありまして、何が正しいというものではありません。


しかしながら、なにがしかその人にとって影響力はあると思います。


夜、ごろんと寝ころんで読むマンガタイムはいいもんです。


| 台所用品たち | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アイドル談義あれこれ
120229_1429~001.jpg
木製で引き出しは自由に配置できます


車の運転時にはよくラジオを聞きますが、FMCOCOLOなんかはボクラの世代とちょっと先輩の世代にはイインじゃないでしょうか。

たまに「泣けてくる感」さえ味わえます。まあそれだけ歳食ったのでしょうか。

その中でも今日流れてきたのが「高見知佳さん」の「くちびるヌード」です。


そう。高見知佳さん。

歌も上手ですし、なにより健康的なはつらつとしたイメージがイイと思います。

当時のアイドルは、やっぱりテレビに出てくる【何か】を持っていたようにも思えます。

これも我々昭和の人間は感じるところでしょう!


文房具の下敷きは「たのきんトリオ」なのか「聖子」か「明菜」か!はたまた「百恵」か!

「甲斐ちえみ」か!

みんながTVの中のアイドルたちにひかれていったのです。


でも桐谷美鈴ちゃんもカワイイと思いまーす。


| 家具たち | 16:58 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
あの夏このヒト
120211_1905~001.jpg
いい学習机入りました!



落ち着いた年齢のゴクミを見てなんだか見入ってしまいました。

改めて自分も歳をとっていると感じた瞬間です。



「たけしくん はい」 ではじめて後藤久美子さんを拝見しました。

まさに国民的美少女でした。

その時ボクラはたしか高3で、北野たけし氏作品「たけしくん はい」の文庫本を読んでいました。

NHKのドラマで続編として放映されていたと思います。


このように、突然目の前に現れたもの(ヒト)が経年によって変わっていたりすると、改めて自分自身の経年齢にも気付かされてしまいます。


と同時にその時の印象深い風景や、一瞬の雰囲気・空気感が蘇り、妙になつかしくなったり、YOU TUBEで懐かしい音楽を探してしまったりします。

そういうヒト、意外と多いのではないでしょうか。

たしかその年の夏のNHKドラマでしたので、夏に松山に旅行に行ったことや、飛行機でジェネシスのインビジブルタッチを聞いてご機嫌だったことや、資生堂のサンオイルのCMなどが同時に思い出されるのです。


暑い夏でした。



| 家具たち | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ハードボイルドドラマ(スローなアイウォンチュー)
 120211_1902~001.jpg
小引き出しとかブリキのラックとか



年に一回、男の勝負の日が来る。



これは、

これは、男の値打ちが決まる、大変わかりやすい勝負だ。

これは、

これはたった一つのチョコレートにかけた男たちの挽歌である。



オレは、ここ10何年は、サラリーマン時代の後輩ジミーと毎年チョコレートの数で勝負しているのだ。

後輩だが同じ年のジミーは共に同じような経歴を持つ。

過去に「モテた時期がある」と自らを振り返る。

どうやら、そのおめでたい日々が麻薬のように忘れられないようなのだ。


「ひょっとしたらまた知らない誰かがオレにチョコを渡そうとしているかもしれない可能性がないでもない。」

などと思ってしまうのだ。オレもやつも。


2月14日のいろんな思い出を背負ってるのさ、やつもオレも。


どなたか、あわれなボクたちにチョコください、トホホ。



| 店内風景 | 13:47 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
ごらいてんのススメ
1328316411798.jpg
片肘 ストライプ2Pソファです


昨日は久々にお店に立ちました。

本来は現在金曜日は定休日を頂戴しているのですが、仕入れや他の用事の関係上、少しの時間ではありましたがOPENしておりました。


イッシー専務が今やお店の『顔』になっております昨今。

もはや可愛く陳列(?)された店内は大変にぎやかです。

週に一回は店に来ていますが、カウンターの中からの景色はまた違います。


彼女が日々コツコツとお店の中を手入れしてくれてるのでしょう。


とまあ手前味噌になりましたが、楽しい雑貨や洋服の充実など見ごたえのあるgreen pepeですので、ぜひ、

ぜひ、遊びに来てやってください。


ん?ボクに会いたい?


そんな奇特なヒトはいませんね。  トホホ・・・。



| 家具たち | 09:54 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
<< | 2/73PAGES | >>